渋谷のインプラント治療なら原宿デンタルオフィスへ
HOME>当院での取り組みについて

| 当院での取り組みについて |

インプラント素材
ノーベルバイオケアのインプラント|渋谷の歯科医院原宿デンタルオフィス

近年、各インプラントメーカーの技術向上により、顎の骨とインプラントの結合(オッセオインテグレーション)は向上しています。
大小複数規模のインプラントメーカーがありそれぞれ特徴があるなかで、当医院では、現在、「ノーベルバイオケアー」社のインプラントを採用しています。 現在主流となっているチタン製のスクリュータイプのインプラントは、1965年にスウェーデン人のProfessor P.I. Branemark (ブローネマルク教授) により、世界で初めて骨と結合するインプラントとして歯科医療に臨床応用されました。
ノーベルバイオケアー社は、ブローネマルク教授が発見した、骨に結合する歯科インプラントを世界で初めて展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。
このパイオニアだからこそできる豊富な実績や研究に基づいた製品開発や品質管理が徹底されていますので非常に安心して使用できるインプラントです。
また、ノーベルバイオケアー社は、インプラント体だけでなく、オールセラミックスなどの被せ物も提供していますので、審美治療をするうえで非常に優れたマテリアルを使用できます。


ノーベルバイオケアーのプロセラシステム
裏打ちが金属のセラミックとオールセラミックス|渋谷のインプラント治療原宿デンタルオフィス

従来のセラミックのかぶせものは、金属の上にセラミックを焼きつけていました。
近年では、金属の代わりに、強度的、審美的に優れた材料を用いてセラミックを焼きつけることができるようになりました。
より、自然観のある被せ物を製作することができ、金属アレルギーの方も安心してご使用いただけます。

 

ノーベル・バイオケア・ジャパン
ノーベル・バイオケア・ジャパン