渋谷のインプラント治療なら原宿デンタルオフィスへ
HOME>当院での取り組みについて

メインテナンスについて

メインテナンスの重要性
欠損した歯をインプラントで回復した場合、もう一度ご自分の歯で食事が出来る楽しさを取り戻す事が出来ます。

インプラントは材質的に100%虫歯になりません。
そういった点では天然歯より安心出来るかもしれません。しかし、歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。
ですから、たとえインプラントといえど、手入れの仕方が悪ければ除去しなければならない可能性もあるわけです。その寿命は天然歯同様、ご自身に委ねられます。

インプラントは骨結合様式から咬み合わせのバランスをシビアにしておかなければなりません。さらに咬み合わせは日々変化し、天然歯のような自然な調整ができない分、天然の歯より大変かもしれません。
インプラントを長持ちさせるには
インプラント治療を受診された方は、日々のご自身によるケアと、歯科医院で受けるプロフェッショナルケアに加え、咬み合わせのバランスチェックと調整を定期的に受けて頂く必要がございます。それがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。

個人差もありますが、目安として3ヶ月から6ヶ月に1回のペースが一般的なメインテナンスの間隔です。
問題を感じないとなかなかメインテナンスに通うのは腰が重い事かと思いますが天然歯同様、悪くなる前に予防をする。これがインプラントにおいても、天然歯においても最善の治療法です。

原宿デンタルオフィス(渋谷区渋谷)では、メインテナンスにも力を入れております。

渋谷のインプラント治療原宿デンタルオフィス