渋谷のインプラント治療なら原宿デンタルオフィスへ
HOME>インプラントとは

インプラントとは

インプラントの構造
インプラントの構造|渋谷の歯科医院原宿デンタルオフィス

インプラントの構造は、上部構造・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)の大きく3つの部位に分けることができます。

上部構造(体)

インプラント冠(クラウン)、インプラントブリッジなど素材は様々なものがあります。
ポーセレンを使ったものが一般的ですが、咬み合わせの特に強い方、歯ぎしりのある方などでは咬む面を金などの金属で覆ったものを利用することもあります。

アバットメント

設計によって様々な種類があります。
上部構造をスクリューで固定する方法と、セメントで固定する方法によっても利用するアバットメントが異なります。

インプラント体(フィクスチャー)

骨のサイズ、形態に合わせて様々な形のインプラント体が準備されています。

 
インプラントとは
インプラント|渋谷の歯科医院原宿デンタルオフィス

従来、歯を失った場合の治療法は、両隣の歯を削って橋渡しにする方法(ブリッジ)もしくは、取り外しの入れ歯が一般的でした。
ブリッジは、健康な歯を削らなければなりませし、両隣の削った歯に負担がかかったりします。
また、取り外しの入れ歯は、違和感があり食べ物も詰まりやすく、お手入れが難しいです。
インプラントとは、顎の骨と生体親和性のよいチタン製スクリューを顎の中に埋め込み、それを歯の根っ子がわりにしてその上に人工の歯をいれる治療法です。
ブリッジや入れ歯と比べて、健康な自分の歯を削ることなく歯をつくることができますし、入れ歯のようにガタついたりしないため、自分の歯があったときのようにお食事もしっかり咬むことができます。

 
インプラント治療のメリットとデメリット
インプラントのメリット
  • 自分の歯と同じ様に話しができます。
  • 自分の歯と同じ様に噛むことが出来ます。
  • 審美性に優れている為、見た目の美しさも兼ね備えています。
  • 周りの歯を傷つける事がないため自分の歯をキレイに残せます。
  • 咀しゃく力が落ちる事がないので顎の筋肉を維持できます。
  • インプラントがあごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせるのを防ぐことができます。

口内だけでなく体全体の健康を向上・維持する事が出来ます。


インプラントのデメリット
  • 保険適用外の診療なので保険治療と比較すると費用が高額です。
  • 手術をしなければなりません。
  • 元の骨が著しく弱くなっていると施術を行う事が困難な場合があります。
  • 顎の骨とインプラントが結合するのに約3ヶ月~6ヶ月(症例によって異なります)くらいかかります。
    その後、歯を製作していきますので、治療期間が長くなります。
他の治療法との比較
治療法 インプラント
インプラント|渋谷の歯科医院原宿デンタルオフィス
ブリッジ
ブリッジ|渋谷の歯科医院原宿デンタルオフィス
入れ歯
入れ歯|渋谷の歯科医院原宿デンタルオフィス
総入れ歯
総入れ歯|渋谷のインプラント治療原宿デンタルオフィス
歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。 取り外しの人工の歯を顎の上に載せる方法。
対応本数 1本から、全ての歯を失った場合 数本失った場合 数本失った場合 全部の歯を失った場合
周囲の歯や顎の影響 ・歯を失った部分のみの治療。
・歯を失った部分の骨が機能回復する為やせない。
・周囲の歯を削る。
・歯に大きな負担がかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。
・周囲の歯に留め金をかけ、大きな負担がかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。
顎の骨がやせる。
審美 ご自分の歯に近い見た目。 保険適用外ならば、ご自分の歯に近い見た目。 留め金が見える部分もある。 顎の骨がやせてくると、口元にしわがよりやすい。
清掃 ご自分の歯と同様に歯ブラシ等で清掃。 ご自分の歯と同様に歯ブラシし、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で。 はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃。 はずして義歯の洗浄をする。
治療期間 4ヶ月~1年。その後もメインテナンスが必要。 2週間~2ヶ月。その後も調整が必要。 2週間~2ヶ月。その後も調整が必要。 1~2ヶ月前後。その後も調整が必要。
インプラント手術風景

インプラント専用の手術室を用意し万全の感染管理対策の元、細心の注意を払い手術をしております。

原宿デンタルオフィス(渋谷区渋谷)手術室でのインプラント手術風景