渋谷のインプラント治療なら原宿デンタルオフィスへ
HOME>設備紹介

設備紹介

インプラント治療のための新三種の神器

インプラント施術をする歯科医院にとって、新三種の神器(CT・CAD/CAM・マイクロスコープ)とソフトとしてのキーファクターが必要だと思います。
欠損した天然歯を取り戻す方法として、デンチャーからインプラントに変わってきている中、患者様にその素晴らしさを伝えて、享受していただくことが大切になってきます。
二つ目は、より審美性の高いマテリアルを導入することです。 審美性を追及される患者様は、人との差別化を望まれます。 そういった要望に応えるためには、最新のマテリアルや技術・設備の導入が必要になります。
以上の事を実現するために当院では3つのツールを完備しております。

歯科用CT機
歯科用CT機|渋谷のインプラント治療原宿デンタルオフィス

歯科用CT

インプラントが骨から出てしまうケース|渋谷のインプラント治療原宿デンタルオフィス

インプラントが骨から出てしまったケース

CT撮影写真|渋谷のインプラント治療原宿デンタルオフィス

撮影されたCTデータで診査します

 

インプラント治療において最も大切なことは術前診査です。
通常のレントゲン写真は2次元であり情報量に限りがあります。 インプラントを埋入する顎の骨の形はひとによって様々で、3次元で立体です。
もし、方向を間違えるとインプラントが骨から出ることがあります。(写真)
よって、正確な骨の状態を診査するためにはCT撮影が必要不可欠になります。


歯科用CT機を使用する理由

ポイント.1

歯科用CT機では通常のレントゲンと比較し約10分の1の照射量のため、人体への影響が非常に少ない。

ポイント.2

通常のレントゲンと異なり2次元の画像では無く“上下左右”あらゆる角度から顎が見られるため、CT撮影をする事でより確実に施術を行える。

ポイント.3

3次元撮影が可能なのでコンピューターを活用した具体的なシュミレーションができ、正確かつ安全の治療ができる。


ノーベルガイド

NobelGuide™は原宿デンタルオフィス(渋谷区渋谷)で撮影されたCTの撮影データをNobelProcera™ソフトウエアで読み込んで、インプラントの治療計画シミュレーションから埋入までの一連のインプラント治療をより安全で、正確にサポートし、予知性・安全性を更に向上させる画期的なシステムです。
患者さまのCTスキャンデーターを基に作製するサージカルテンプレートと、NobelGuide™専用外科キットを使用したガイディッド・サージェリーは、より安全で低侵襲な外科治療を可能にし、患者さまの負担を軽減します。
また症例によって、事前に補綴物を作製することができるため、患者さまはインプラントを埋入した日に新しい歯を手に入れることもできます。